心に噺がおじゃましまっす!

心の端にそっと置いてもらえるような物語を目指して書いています。

ぷるぷる大陸物語 第13話 ~無機質な巨人2~

f:id:hirozacchi:20190716213141p:plain
 

夜が明けたので全員を叩き起こした。
もう朝の6時過ぎだ。
5時頃から明るかったというのに1時間以上遅れている。
暗いから危険だと判断したんだ。明るければ出発できるだろう。

黄龍団はさすがだ。明るくなる前に起きていて出発の準備が整っていた。
お気楽3人衆にも見習ってほしいものだ。
今はサネアツを含めてお気楽4人衆だったな。

ガーラはそんな俺達を見て、豪快に笑っていた。
何が可笑しい。笑い茸でも食ったんじゃないのか?

「トル~。ハインツ警報~。大嵐の予感ですぅ~」
「マジか~。アスなだめて~」
「むり~」
アストリアとトルキンエがヒソヒソとそんな事を言っている。丸聞こえだ。


俺達は黙々と山道を登った。
風の音と鳥のさえずり以外何も聞こえない。
王国の喧騒に慣れてしまったせいかとても静かに思えるが、やはり懐かしい。
木も鳥も、全てが見覚えのある風景だ。

森には独特な香りがある。この香りもまた、懐かしい。
山で育った俺達は、山の香りに敏感だ。
臭いが危険を知らせてくれるからだ。
動物の臭いを感じたら身を隠す。
湿り気のある風の臭いを感じたら豪雨に警戒する。
土の臭いを強く感じたら土砂崩れを警戒する。
今はその何れもなく、平和で落ち着く香りだった。

「ハインツ予報~。まもなく落ち着いてくるでしょぅ~」
俺で遊ぶな。暇なのか?
「ははっ。仲良くやってるようで何よりだ」
サネアツが保護者面しやがる。
俺達の故郷が大変だって言ってるんだぞ? まったく。


その日は何事も無く、明るいうちに中継として使っている黄龍団駐屯所に到着した。
駐屯所は女性の足で無理なく歩いても到着する場所に、等間隔で建てられている。

「ほらみろ。急がなくても明るいうちに着くじゃないか。明日から9時起きな」
トルキンエが緊張感の無い事を言っている。
「もしゴーレムに襲われたら逃げる事になるんだぞ? 通常よりも遅くなるだろう。どんなに早く出ても安心はできない。明日は4時起きしろ。5時に出発だ」
「ええ~。朝は苦手だ」
「今から寝ろ!」
「寝れるか!」
「ガーラ! 黄龍団の中に、人を眠らせる魔法を使える人はいないのか?」
俺はダメ元でガーラに聞いてみた。
「はっはっはっ、おりませんなっ」
だから何が可笑しい?

「おいサネアツ。頼みがある。×××を作ってくれ」
「うう、それで起こされるのか? 俺も朝は苦手なんだが」
サネアツは今から作る物の使い道を察して身震いした。
「全員4時起きすれば使わない」

翌朝、俺は言う通りに4時起きしない腑抜け4人組に向かってサネアツが作った道具を放り込んだ。
金属の箱の中に爆竹を入れただけの単純な道具だ。

ドバババババッ!

豪快な破裂音に全員跳び起きた。
さすがサネアツ。いつも良い道具を作る。
俺はこれを爆音目覚ましと名付けている。
ガーラはいつも通り豪快に笑っていた。
こっちは真剣なんだが。

「まだ暗いじゃないか。おやすみ」
トルキンエがまた布団に入ろうとしたので、もう一つ爆音目覚ましの準備を始めた。
「わっわっ、起きるって」
今日は順調だ。

特にゴーレムや動物に襲われる事も無く、順調に山を登った。
俺は記憶の無い親の事を考えていた。
プルプット村は俺が生まれ育った村だが、親はプルプット村の人間では無かった。
スタンにも指摘されたが、顔立ちからすぐに分かる。

どこから来たのかも言わぬまま両親とも死んだそうだ。
何かの目的があったらしいが、それすらも誰にも言わなかったそうだ。
ただ、プルプット村の技術にとても感心を示し、学んでいたらしい。
プルプット村では、魔法を使える者がほとんど生まれない。
今は1人だけいるが、それも弱い火を扱うだけで、村の明かりを灯す程度にしか使われていない。
余談だが俺が初めて他人の魔法を使ったのが、そいつの魔法だ。

ある日、村人が頻繁に魔獣と呼ばれる強い動物に襲われる事件が起こった。
当然村人では敵わず、王国兵士ですら手をこまねいていたらしい。
俺の両親は強い魔法を使う事ができた為、俺をサネアツの家に預け、2人で討伐にでかけた。
それっきり、魔獣も俺の両親も見つからなかった。
俺が生まれて1年も経たない日の出来事だった。

全て聞いた話だ。全く覚えていないので、それほど悲しいとは思わない。
むしろ不幸なのは、その後村を救った英雄の子として腫物のように扱われた事だ。
サネアツだけは口うるさかったが。


「今日こそゴーレムの残骸をお見せできますぞ」
3日目の朝、ガーラが笑いながら言った。
こいつはいつも笑っている。

ところが、昼頃になり岩の多い開けた場所に出た時、ガーラの笑顔が消えた。
「おかしいですな。確かにここにおったのですが」
一度もゴーレムを見た事が無い俺からしたらとても疑わしい事だが、嘘では無さそうだ。
もし嘘ならアストリアが見破っているはずだ。

「ゴーレムだ!」
黄龍団兵士の声だ。
振り返ると岩が起き上がって立っていた。
「ああ、おりました。あれです」
ガーラは武器を構えながら、豪快に笑った。
ガーラの武器はハンマーだ。剣では文字通り『刃』が立たないらしい。

「アストリア、ゴーレムは何考えてるか分かるか?」
「全然ダメ。ただの岩と同じで考えが伝わってこない」
本当に生物ではないのか?

ガーラはゴーレムに近づき、振り下ろされた腕のような岩を避けるとすかさずカウンターを食らわせた。
頭の辺りの岩にひびが入った。
直後にもう1つの腕が振り下ろされる。
ひらりとかわした。
ガーラの奴、体格に似合わず身軽だ。

ゴーレムの方は痛みを感じないのか、頭にひびが入った状態でなおも立っていた。
ゴーレムの後ろからハンマーを振り下ろす男が見えた。
黄龍団の1人が回り込んだのだ。

驚いた事にゴーレムは振り返りもせず、そのままの姿勢で後ろに腕となる岩を振り回した。
回り込んでいた男が跳ね飛ばされる。
前と後ろという概念もないのか?
良く見ると腕の部分は完全にはついておらず、浮いているようだ。

ガーラがゴーレムの足を狙った。
足はもろく崩れ、それと同時にゴーレムは体ごと崩れていった。
崩れるゴーレムに驚いたのか、ネズミが逃げていった。
崩れるゴーレムから逃れるように、そこにいたネズミが散っていった。

トルキンエが跳ね飛ばされた黄龍団の男に駆け寄った。
ゴーレムは動かない。
「ハインツ殿。これがゴーレムの残骸ですな」
「残骸じゃなくて動いていたじゃないか」
「どういう仕組みか、生き返るようですな。はっはっはっ」
「こんな時によく笑えるな。これ本当に大丈夫なのか? また動き出したりしないのか?」
「さあ、今までは崩れた後はしばらく動かんかったのですが、なんとも分かりませんな」
笑いながら頼りない事言うな。

俺はサネアツお手製爆音目覚ましを投げつけた。
爆音にも反応しない。確かに動かなそうだ。

近づいて調べてみるが、本当に何の変哲もない岩だった。
ゴーレムが動いていた時に、俺はゴーレムの体の周りにプルが覆われているのを見た。
それは地面から伸びているようだった。しかし、今はそのプルは無くなっている。
大地がゴーレムを動かしたようにも見える。
まさかとは思うが、この大地全体がゴーレムの本体という事なのだろうか?
しかし、今は大地にも当然プルは見えない。

俺が思い悩んでいるとサネアツも岩を調べ始めた。
黄龍団から借りたのか、手にはハンマーを持っていた。
そしてガンガン叩いて岩を砕いていく。

「確かに、ただの岩だな」
サネアツはそれでも色々と調べていた。
特によく調べていたのは、ゴーレムの腕や足と思われる岩と胴体と思われる岩の接合部分だ。
そこは俺も気になったところだ。
完全にくっついておらず、浮いているようだったからだ。
だからこそ、前も後ろも無く、回り込んだ兵士が不意を突かれたのだ。

そもそも、頭部と思われるところに目すら無い。
真ん中に1つの大きな岩があり、それが胴体のように見え、そこから4つの手足と思われる岩が添えられていただけだ。
生物と言うより、でかい操り人形だ。

いくら調べても今まで聞いていた事以外何も分からなかった。
しかし、ゴーレムの残骸が目の前にあるのだ。
何も分からないままではこの場を去れない。


1時間ほど調べただろうか。
俺とサネアツ以外のみんなは退屈したのか雑談をしていた。
「きゃー、また出た!」
アストリアの声だ。
アストリアが驚き、悲鳴を上げるのは実は珍しいのだ。
生物であれば近づいている事が分かるからだろう。

今回は1体じゃない。3体のゴーレムに囲まれた。
アストリアは思考を読み取れないと言っていたが、さっきの失敗を踏まえて対策したとでも言うのだろうか?

サネアツはハンマーを構えたままだ。
この状況はやばいな。
「トル、壁! アス、霧!」
俺は素早く2人に指示した。

俺達に一番近い1体のゴーレムの前に壁が現れ、辺りは霧に包まれた。
ユエルドは指示などせずとも幻影を作り出している。
俺達はゴーレムが幻影に気を取られているうちに、トルキンエの作った壁を盾にその場を後にした。

 

f:id:hirozacchi:20190319213151p:plain

『ぷるぷる大陸物語』についての概要、キャラクター設定、第1話へのリンク等は、

『ぷるぷる大陸物語』-概要

をご覧ください。

 

 

⚫︎スポンサーリンク⚫︎