心に噺がおじゃましまっす!

心の端にそっと置いてもらえるような物語を目指して書いています。

筆者コメント1

※この記事は、メインブログの記事「小説ブログの宣伝など」からの転記です。 現在当ブログで執筆中の日向端ヒロ(ひなはた ひろ)です。 当ブログは小説家を目指すための練習の場として開設しました。そのため、拙い表現も多々ありますが無料ということでご…

寄生虫

ある日僕は体に不思議なものを見つけた。それは最初は動かなかったが、時が経つにつれて成長して動くようになった。しかもそれは次々に増えてゆき体中に広がっていった。友達は僕とは違い体に動くものはいない。だからいつもいじめられていた。僕には先生が…

時節菜《じせつな》 第3話(終) ~明日菜・今日菜~

■明日菜二人の女の子が花壇の雑草を抜いていた。この時期の園芸部は忙しい。抜いても抜いても毎日雑草が生えてくるからだ。しかし、忙しい事が楽しい事であるかのように、園芸部の女の子たちは黙々と作業をしている。「カナ、こっちもお願い!」カナと呼ばれ…

時節菜《じせつな》 第2話 ~昨日菜~

■昨日菜昨日菜は十年ほど前からカナという女の子の傍で漂っていた。その女の子は友達に馴染めず、孤独な小中学校時代を過ごしていた。カナは特にいじめられていた訳では無かったが、学校では一言も言葉を発する事なく過ごす事が多かった。 カナには母親の他…

時節菜《じせつな》 第1話 ~序章・刹菜~

■序章「カナ、水菜好きねぇ」「うん。これは私の仲間だからね」カナと呼ばれた女性はお弁当の他にわざわざ水菜だけを詰めたタッパーを、幸せそうに開けた。カナは美味しそうに水菜を次々と口に運ぶ。「なにそれ?」「これはお母さんから聞いた、おとぎ話なん…

会話研究部 第6話 ~師匠と呼ばれた猫~

私は土産屋の前で丸まったまま考えていた。学は土産屋の店主と何やら会話して帰ったところだ。 学とは小さな公園で出会った少年だ。何やら悩みがありそうだったので、私の特技を生かして美味しい刺身をもらおうと思っているところだ。 私は野良猫だが、そこ…

会話研究部 第5話 ~休日の師匠と僕~

朝ご飯を食べてすぐに僕は家を出た。坂の上の神社へ行くためだ。そこの神社は昼になると人がごった返すのでなるべく早めに行きたかった。せっかく神社に行くので少しばかりの小銭と本を持った。今日は見事な五月晴れだった。今日もたくさんの人が神社を訪れ…

⚫︎スポンサーリンク⚫︎